HAGIBLOG

自転車とお菓子作り

第30回矢島カップ Mt.鳥海バイシクルクラシック 2ndステージ

無事完走しましたが、いやあキツかったです。過去に参加した中で一番苦しんだヒルクライムだったかもしれません。蔵王のときよりも消耗しました。翌日も翌々日も上半身に疲労感が残ってます。

やっぱり暑さかな。最近は朝しか走っていないので暑さに慣れていないし、あまり長い距離走っていなかったし、走り込んでいないくせに本番だけ無理して頑張った、という感じだったかな〜。

1:18:46.23 ロード男子C 36位

前日はよく眠れました。23時頃就寝の4時起き。5時半に秋田市のホテルを出発して、会場には6時45分くらいに到着。すでに駐車場はいっぱいな感じで、受付から離れた駐車場の空いていたところに停める。まずはトイレなどで朝の軽量化に努めました。バイクの準備をして、周辺を試走してアップ。

7時45分、クラスごとに集まってパレード走行開始。八島町のみなさんの声援を受けながら町内を移動してスタート地点へ。それからチャンピオンクラスから順番にスタートしていって、僕らのCクラスは最後から2番目の出走でした。

 

ここで問題が。スタート2分前くらいに、ビンディングを片足はめようとしてふと下を見ると、あれ? チェーンが外れてる…と気づいて、非常に焦りながらガチャガチャ直しました。もしかしてディレーラーがおかしな状態になっているんじゃないか、と不安に駆られながらも、そんなことはおかまいなしにカウントダウンが進んで号砲。

こんな密集したところでいきなり止まっちゃったらどうしよう、と気が気じゃなかったですが、動き出すとなんとか大丈夫なようで、無事スタートが切れました。

開始後の平坦区間は流れに乗って進み、そのまま登りに入ったところで前にだいたい2、30人くらいいたでしょうか。初めての大会、初めてのコースで、自分の適正なペースというのもうまく掴めませんが、なぜか「もっと前に追いつかなきゃ」と気が焦って、そこから少し飛ばしすぎたかもしれません。「うわー、なんかかなり苦しい」と思いながら、汗をだらだらかいて登りました。

 

けっこうアップダウンもありましたが、なんとなくスタート直前のチェーン落ちが気になって積極的にギアチェンジもできなかったり。日頃の整備ができてなくっていかんなあと思いました。

給水ポイントで冷たい水をもらえたのは助かりました。一口口に含んで、残りは体に水をかけてみたら生き返るように気持ちよかった。

15kmを過ぎたころにジェルを補給。粘っこい液体が喉にからんで飲み込みにくい。それが理由というわけではないと思うけど、この辺りから、喉がかゆいというか、喉になにか付いているような感じがして、ひっきりなしに咳が出るようになってました。

だいぶペースも落ちていたと思いますが、周りのゼッケンを見ると同じクラスの人たちとは抜かれもせず抜きもせず、という感じ。先行スタートの人を順々に抜いて行って、後からスタートの若い番号に時々抜かれる、という展開が最後まで続きました。

 

それで今回もたかちゃんが応援に来てくれたので、終盤は頑張って走ろう、と。でも頑張ったら倒れるかもしれない…などと思いながら残り1kmの登りをエッチラ登っていると、あ、いました。たかちゃんが見えると同時に「あ、来た!」という声が聞こえて嬉しかったです。無事に来れたよ…。最後はスパートをかけてやっとのことでゴール。ぜえぜえ苦しくて動けなかったです。

image

image

image

達成感よりも、とにかく疲れた〜という感じ。日差しはわりと陰っていたのでまだ良かったと思いますが、これでビカビカ晴れていたらと思うとゾッとしますね。確実に途中でぶっ倒れていたことでしょう。

長く暑い下山後、豚汁とおにぎりをいただいてソフトクリームも食べました。そしてクーラーの効いた日新館で涼みながら、表彰式も見学。抽選会まで粘って待ちます。入賞して賞品を獲得するということができない僕らは、抽選会に精力を傾けなくてはなりません。粘った結果、地元野菜の詰め合わせが当たりました!

そのほか参加賞でTシャツとお米1kgももらいました。この大会、みんな「いい雰囲気の大会だ」と口を揃えて言うんですよね。僕もいろいろもらえたから言うんじゃないですが、なんとなくそれも分かるなーと思いました。

さて今度は乗鞍だなあ。今回の結果ではちょっと尻込みしてしまうなあ。もう一ヶ月もないという…。

image

image

image

image