読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAGIBLOG

自転車とお菓子作り

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2016

乗鞍、とうとう走ってきました。「わが国のヒルクライム大会の最高峰」という響きに引かれて、これは一生のうちに一度は走らねば、と初出場を試みたのが去年。ところが土砂降りの雨で撃沈。

移動や宿泊などのハードルを考えるととても気軽に参加できる大会ではないので、今年の再挑戦は大いに迷いました。が、短い人生、次にいつチャンスが巡ってくるのかわからないのだ、と考えてエントリー。そこに向けて練習も少しずつ積み立ててきたわけです。

それが前日までの天候の思わしくなさ。ここまできて再び乗鞍を頂上まで走ることが叶わないのかとテンションもだだ下がり。半ばふてくされて早々に寝て、起きたところ、雨はいつしか止んでいるではないか! これは、と思い、一気に気持ちが高まる。

image

image

image

5時半頃からアップを開始。思えば矢島カップや西郷のヒルクライムのときも全くアップ不足。今度こそは、と思ったけれども荷物預けの時間もあったので6時までの30分がアップに費やされた時間でした(もっと意識高くやるなら1時間はかけるべき)。まあ僕にしてはちゃんと取り組んだ感じ。

荷物を預けると、開会式のあれこれが始まってチャンピオンクラスからスタート。ちょっとスタート地点に見物に行ってみました。さすがに乗鞍チャンピオンクラスということで頂上決戦の趣がありますね。緊張感が違いました。

で、チャンピオンクラスのスタートから、僕らのCクラスは最終スタートなので1時間以上待たなくちゃいけないんですよね。寒かったら宿に戻ろうかと思ってましたが、案外寒くないので、会場で何もせず待っていました。いや、けっこう緊張してましたが。

8時18分。Cクラスのスタート。今大会の目標は、蔵王のタイムとかニューバイクであるとかを考慮して、1時間10分を切れたらけっこう良いのではないか、と。

まあそこまで気負わず行こう。序盤は抑え気味に行こう。と思っていると、目の前に10人くらいのグループができていて、これがかなりちょうどいいペースだったので、その集団にペースを作ってもらう形でついて行くことに。進むにつれ1人また1人と脱落していきましたが、5、6人くらいになって中間地点までそのまま進みました。

中間を過ぎたあたりで、そのグループがちょいバラけて、僕がぽっと前に出る形になったので、それをきっかけに自分だけの走りに切り替えて行こう、と。やはりアップのおかげか変な苦しさもなく、いい感じにペースを刻めた気がします。

天候状況は基本的には曇り。一瞬日が射してもすぐ曇る。ところにより濃霧。半袖ジャージとビブショーツで腕も脚も出しての出走でしたが、寒いということもなく、涼しいと感じるくらいだったので良かった。

image

image

残り3kmくらいで気持ち的にはペースアップ。すると、もうすでに下山が始まったらしく、右側からは対向車が下りてくる。そして辺りは森林限界で景色も拓けてきて、絶景でした。時間はどうかな、1時間10分に間に合わないかも。もっとペースをあげなきゃ。でも道は狭くなってくるし。てか景色すごい。…と、ラストはなんか忙しかったですね。

そしてゴールしました。残り300mくらいで手元のガーミンで1時間10分を超えたくらいだったので、目標は破れましたが、まあそれでもよしとしましょう。なにより頂上まで来れたことの充実感というか安堵感というか、そういうものがありました。来年はまた悩みながら参加する必要はないんだ、というかね。

いやぁでも乗鞍、本当に良かったですね。なんか、よくわからないけど、すごかった。今はちょっとぼうっとしてます。

 

1時間11分06秒928

image

image

image

image

乗鞍ヒルクライム前日

8月27日土曜日、乗鞍ヒルクライム前日です。山形の空は曇り空。天気予報では長野県松本市の天気も曇りもしくは雨。気が重いですが、とりあえず行くと決めているので向かいましょう。いざ乗鞍へ。

image

image

image

降ったり止んだりの北陸道を走行していると、去年を思い出しますね。去年もこんな空の下、延々と運転していました。6時半頃に家を出て、松本ICに着いたのが12時半頃。インターを下りてすぐのコンビニで食料を買い出し。自転車を車載した車がいっぱいで、この辺から「来たなあ」という感じがします。

そこから1時間弱かけて乗鞍高原へ。今回は宿がとれたので、先に宿に入って部屋に荷物をおこうと思ったら「時間がまだ早い」とのこと。車だけ置かせてもらって、会場の受付に行ってきました。

出店ブースも外から一回り見てきましたが、なんとなくテンションがあがらず。乗鞍ガールとの写真も、並ぶのが面倒で今回はまあいいか、と。

image

image

image

宿に戻って自転車にゼッケンなどを付けたりしていると霧雨が降ってきて、本当にねえ、去年と同じように事が進むとしか思えない。コースは試走禁止というし、雨だし、部屋にこもってぼそぼそパンなどを齧っておりました。

夜の8時頃、やることもないし眠れそうだったので就寝。10時ころ1度目を覚まして外を見ると、真っ暗だけど、雨は降っていないような…。
そして4時にまた目が覚めたので、起きることに。やっぱり降っていないみたいだぞ!いま、宿の温泉に入ってきました。さあ、準備をしてアップでもしてきますかね。

image

image

どんより日記

今週の日記。まあ本番前なので休足と称してダラダラして。休足中でも血行を良くするために少し動いた方がいいのだろうけれど、天気が良くなかったりダルかったりで。その分睡眠時間はいつもより少し長いと思うので疲労も回復しているといいのですが。週の真ん中の水曜日だけ、少し抑え気味のペースで西蔵王まで登ってきました。

あとは精をつけようとお肉を食べるなどしたのですが、トマトのすき焼というのをやってみたらこれが意外と美味しかったです。トマトと玉ねぎを割り下で煮てお肉を投入。食べる直前にバジルをたっぷりのせていただきます。イタリアンっぽいのでパスタを入れても美味しい。プランター栽培のバジルも有効活用できてよかった。

しっかし、このところの天気がよろしくないのがねえ。日曜日の乗鞍はどうなることでしょうか。また短縮コースかな。もし去年と同じで三本滝までだったらDNSにしたいと思いますが、なんにしてもとりあえず会場入りはしないといけないので、その道のりを思うと、はあ、まあ気が重いです。…いや、気合いを入れて行くぞ!と。

image

DSC_9591

DSC_9597

DSC_9598

NISHIGO バイシクルフェス2016

日曜日はDomosshiメンバーで福島の西郷バイシクルフェスに参加。なんとなく緩い感じのイベントかと思っていたら、やけにハードな一日になりました。乗鞍前にいいトレーニングになりました。というか、僕なんか全然体力ないなぁ、と(前日に蔵王行きたいとか言ってたけど行かなくて良かった…とか思う弱さ加減)。

この大会、いろんな種目に参加できるなかなか珍しい大会ですね。僕が参加したのはヒルクライムエンデューロの2種目。どちらもたかちゃんも一緒に参加です。他のメンバーはスプリントに出たりしていました。

image


僕らはヒルクライムの時間に合わせて4時に家を出て会場入り。隣県の福島といっても白河まではまあまあ遠いですね。天候が心配でしたが会場は意外な程に晴れまくっていました。じっとしていても暑いくらい。受付と軽く試走を済ませて、ゲート前に並んで待機。8時に号砲となりました。

いや実はゲートをくぐったらスタートかと思っていました。でも周りがサイクリングペースだったので、計測地点は先なのねと分かったのですが、その計測ポイントがなかなかやってこなくて「本当にまだスタートしてないよね?」とヤキモキしながら走っていたのでした。

で、3、4km走った頃。ありました、計測地点。ここから一気に加速。まあ、なんというか、当たり前ですが一気に苦しくなりました。レースになると普段よりハイペースで走っている自分。普段からこのペースで練習しないといけないんでしょうけど。

image

image

ダムを通り、木陰の道を通り。この辺一帯は自転車で走るのに気持ちがいい場所だなあ、という印象でしたね。ただ昨日の雨のためか、木陰はけっこうウェット。グレーチング部分で滑らせて一瞬ひやっとしました。危うくすっこけるところでした。

「残り何キロ」の看板がなかったのか見落としたのか、まあ最後にペースを上げる余裕もなかったんですけどね。唐突にゴール地点のようなものが出てきて、後ろからスプリントしてきた人にかわされた…と思ったらそこがゴールではなく。もう少し先に登ったところが本当のゴール地点で、その人が失速した隙にするするとパスしてゴール。

思っていたよりも本格的なヒルクライムでした。けっこうキツかったので、たかちゃんも完走できるか微妙だぞ、と。周りの選手もみんな順々に下山して行く中、不安半分楽しみ半分で彼女がやってくるのを待っていると、やあ、来ました。完走!やったね。

ゴール地点で写真を撮るのを忘れてしまいましたが、下山して会場に戻る途中でぱちり。たぶんあの辺に登ってきたはず。

image

image


午後からは3時間のエンデューロ。Domosshiからは2人ずつで3チームが出ました。

image

ヒルクライムで脚を使ったあとだったのでこれもキツかったー。たかちゃんもこれは絶対ツラいだろうな、というのがわかっていたので、あまり走らせないようにしたほうがいいかな、と思いつつも、第一走者を任せたりして。そのあとも頑張って自分から交代して走りに行ってくれてた。ちょっと無理して走った、ということがより大きな達成感になるし、自信にもなるよね。たぶんね。

あ、あと最後の方で、コースを走っている最中「ブログ書いてませんか?」と聞かれて、とっさに「いえ、知りません」と答えそうになる一幕がありました。こんなブログでも読んでくれた上に声をかけてくれるなんて!ありがとうございます。

大会後、帰宅してラーメン食べて、へとへとですぐに寝ました。疲れたけど、なかなか充実した一日でした。みんなと走れてなにより。

image

image

image

Zwift 始めました

8月20日土曜日。朝から雨がぽつぽつと。乗鞍前最後の週末、最後の追い込みで蔵王のお釜まで走りに行きたかったのですが、一気に意気消沈しました。乗鞍のフルコースを走るのは最初で最後かもしれないので、自分なりに「頑張って準備してきた」っていう状態を作りたかったのですけどね。というか天候で一発で崩れてしまう自分のこの気持ちの弱さよ…。

いや、こんなときこそローラー始めなくっちゃ。ということで、買ってから放っておいたローラー台、Bushidoを開封することにしました。こんなのは普段の生活に邪魔なので自転車部屋に設置しようと考えていたのですが、しかしながらその場所はくそあちぃので、とりあえずクーラーが効くリビングに置いてみます。

荷物をどかして、マットを敷いてトレーナーにバイクを設置。それでもってスマホのアプリを起動。これで準備完了。実にハイテクで簡単ですね…と思ったらなぜか速度が表示されず。一応Bluetoothは接続されているようなのですが…。
ひたすら漕ぎ続けては疲れてネットで情報を漁る、を繰り返すものの原因がよく分からず。たまたま通販サイトの購入者レビューを見てみたら「負荷装置が外れていてカチッとはめたら直った」と書かれていて、「もしや」と思ったらその通り。モーターの右側の部分が微妙に外れていたのでした。

image

そこを直したら無事、速度も出力も表示されるようになり、本当に準備完了。次は、PCを介してZwiftに接続。お試しの無料トライアルを開始できたかと思うと、気づけばTシャツに短パンの格好のまま30分ほど漕ぎ続けていました。汗びっしょり。なんだこれ。

気になるバーチャルコースの坂道の再現性ですが、なかなか面白かったです。けっこう感じ出てるなあ、と。ただ、タイヤがけっこう滑ったので、やっぱり専用のものを装着したほうがいいな。

とはいえ、まあスマートトレーナーはかなり遊べそうだけど、まだまだローラー初心者なので実走しに行った方が充実感も安心感もきっと大きいな、とも感じました。

そうしているといつの間にか雨も止んでいて路面も乾いていて。気を取り直して、外に実走にいくぞ、と言いたいところでしたが、午後からは会社に出勤しなくてはならず、とほほ。というわけでした。

image

image

image

Bura SL納車! 泉ヶ岳!

image

Neilpryde Bura SL、ついに納車していただきました。

先週の土曜日にパーツなどを置いてきて、よもや2、3日で組立ててもらえて早速山の日に納車か?と淡い期待を抱いていたのですが、まあそううまくはいかず、ちょうど一週間後の今日。いえ、でも良かったです。パーツになんか問題が…とかで1、2週間とか延びなくて良かった。

さあ、と、喜び勇んで家からジャージを来て自転車屋さんに駆けつけました。たかちゃんのウィリエール納車のときは僕も野次馬で付いて行きましたが、今度はたかちゃんも付いてきてまして。うん、じゃあ一緒に試走に行こう。今日は泉ヶ岳! 仙台のクライマーの聖地ですね。

image

軽く走っただけでわかるこの軽快さ。初めてのDi2のシフティングにも感激しつつ。まずは泉ヶ岳のふもとのコンビニへ。冷たい飲みものを補給して、いよいよヒルクライム開始。いつもはたかちゃんペースに合わせて一緒に走っていますが、ごめんね、今回ばかりは置いてきぼりで、自分のペースで走るよ。ニューバイクの性能を試したいがために!

ポジションはほぼBMCを踏襲してもらったので、ほとんど違和感もなく。「今までに比べてギアが2枚くらい軽く感じるよ」とお店の方は言うのです。その通り、軽快に進むはずです。なるほど、たぶん進むような気がします。いや、進んでいる。だもんで、10%の坂だろうがギアに余裕を残しているはず、と思って見たらぜんぶ使い切っていましたけど。まあそうですね、フレームが新しくなったからって心肺機能や脚力がアップするわけでもないです。でもやっぱりこのバイク、いい!

image

スキー場に到着して折り返しました。たかちゃんとは「暑いし無理しないで。無理だと思ったら引き返してコンビニで待ってて」と打ち合わせてたので、まあコンビニにいるのかなと思いながら下っていくと、よろよろと登っているところ出くわしました。すごい! で、一緒に10%の坂も休み休みやっつけて、スキー場へもう一度とうちゃこ。この場所に2台並べられると思っていなかったので嬉しかったですね。(カラーリングが微妙に似てるね)

車体が軽いので風に煽られないようにダウンヒルは気をつけて、と言われていたので注意しつつ下りました。ふもとのコンビニに立ち寄って冷たいスイーツを補給して、自転車屋さんに帰着。サドル位置を微調整してもらって、ご挨拶して家に帰りました。無料の洗車券をもらったので、ちょっと遠いけどまた来よう。

まずは無事に試走ができて良かったです。納車初日に事故なんか起こしたら目も当てられませんからね。

image

山の日は蔵王へ

image

8月11日、山の日なので山へ。蔵王エコーラインをお釜の入り口まで。自転車はあまりいなかったけど、車はいつもより多かった気がします。山はいいですね。

BMCで使用していたホイール、キシリウムSLR(2015)は自転車屋さんに置いてきたので、今は以前使っていたアクシウムを履いています。履き替えてみたらキシリウムSLRの優秀さを改めて実感しましたね。軽くてよく登れるし、挙動もしっかりしてるというか、エグザリットの制動力はかなりいいんだなと思いました。アクシウムも交換してすぐは「重っ」と感じましたが、まあ練習にはいいのかも。これはこれで悪くないホイールだなあと。

image