HAGIBLOG

自転車とお菓子作り

結婚記念日のこと

4月26日は僕の誕生日でもあり、今年は第一回目の結婚記念日でもある。お祝いに食事も予約していた。せっかくの奮発コースなので、お腹を空かせておこうと朝は絶対に自転車練習をするぞと思っていた。夕食のために朝運動して効果があるのかどうかはさておき。外の風が強いようだったので、実走でなくローラーにする。

 

終業後に奥さんを迎えにいって、七日町のパ・マルへ。もともとは天童で開業していたのが、こちらに移店されたらしい。なんとなく店の名前は聞いたことがあった。非常に楽しみ。そういえば花束やプレゼントなど気の利いたものを何も用意していなかったと思い、お店に行く途中で急遽ピンクのバラを買った。

P1070162


2階の窓際の席に通してもらったのだけど、ちょうどその窓からは、目の前にクマガイ自転車さんが見えた。思えば奥さんと出会って初めてのデートで、それをデートといっていいのかわからないけど、クマガイさんで主催するサイクリングに一緒に参加したのだった。それは結婚する2年ほど前の年だった。

それから色々あって、でも自転車は、今でも変わらず夫婦共通の趣味である。一緒にサイクリングに行くし、たぶん端から見たらなかなか微笑ましいカップルに写るかもしれない。だけど、あたりまえだけど二人の間でも温度差はある。僕はまあ、一般的な基準でいったらけっこう本格的に乗っている方で、一方奥さんは内心では「正直それほどでも…」という感じだと思う。

 

でも僕は、自分が乗るからって、奥さんにも乗るように仕向けるつもりは全然ない。乗っても乗らなくてもどちらでもいいとは思っている。時々は二人で自転車に行くけれども、それはほとんど奥さんから「行こう」と言い出したときだ。

と、そこまで書いて思ったのだけど、奥さんが僕に付き添ってくれているのかもしれない。僕が好きなこと、僕の気持ちに忖度して。たかちゃんは優しいから。

 

でも無理はしないでね。なんとなく行きたくない気持ちが続いて、もう自転車に乗らなくなったとしても、それはそれでいいに決まってる。今は、奥さんが行きたいと思ったときは、そのときの体調や天候なんかを見て、できるだけ楽しめるように付き添っていきたい。

 

 

お料理が始まると、たまたま他にお客さんがいなかったので気兼ねなく写真を撮ったりしながら、料理に舌鼓を打った。(写真を撮ってもいいですかと断りを入れて)

料理は本当に良かった。春っぽい季節感も感じられたし、食材の組み合わせのアイデアも抜群に新鮮だった。すばらしい出来映えに喝采を叫びたいほどだった。

料理がたくさん出てきて、奥さんが残したお肉も食べて、僕は食べ過ぎだった。食後のコーヒーにはチョコレートまで付いてきて、至極満腹。満腹どころか食べ過ぎで腹痛を催した。いくらお腹を空かせても、僕はそんなに胃が強くない(だから自転車も弱い)。


お店の前でも奥さんの写真を撮った。心がけていることとして、写真を撮ることに躊躇はしない。今日は記念日。今日という1日を残すのだ。

記念日でなくても。二人でいれば一人ではできなかっただろう新鮮な体験が、これからもどんどんあるに違いない。僕と奥さんの日々をどんどん残していこう。見返せばきっと全部いい日。

ここにはまた来たいなあと思う。また来れるように頑張ろう。

 

P1070164c P1070165b P1070166b P1070167b P1070169b P1070170b P1070172b