HAGIBLOG

自転車とお菓子作り

Mavic キシリウム プロ UST

72110011b

この春から導入したMavic Ksyrium Pro UST。まだあまり乗っていませんが、とてもいいホイールでした。このブログにもちょいちょい検索で流れてくる人もいるようですので、ちょいと感想をまとめてみましょう。(でも大した情報もなくてすみません)

 

チューブレスタイヤは初めてでした。転がり抵抗が低いとか乗り心地が良いとかいいますし、MavicのUSTについてはけっこう評判も良さそうだし、ああこれは乗ってみたいなあ、と。たかちゃん用に、という名目ではあるけれども結局自分が欲しくて買ってしまったようなもの。

Mavicの場合は最初からタイヤがはまっているので、その脱着の容易さなんかはまだ試せていませんが、きっと言うように簡単にはめられるのでしょう。準備としては、メーカー推奨に従いシーラント液を前後に30mlずつ入れていきます。エア漏れ防止とパンク予防のためです。面倒といえば面倒ですが、とりあえず一回入れてしまえばいいわけです。

72110014b


さて、そのインプレはというと…。感じ方には個人差があります、とお決まりの前置きをしておきますが、端的にいって最高でした!

比較はキシリウムSLR。2015年モデルですがアルミクリンチャーではキシリウムの最高峰とでもいうべきホイールです。なのでキシリウムProといっても、正直そこまで良く感じないかもなぁ、と思っていました。ところが。意外というべきか最新ホイールだから当然というべきか、どちらかというと印象はキシリウムPro USTの方が良いかもしれません。

登坂性能はほとんど互角に感じました。
SLRはナローリムでタイヤは23C、一方Pro USTはワイドリムでタイヤは25Cでの使用。重量はSLRの方が若干軽い。転がり抵抗がどうのとは言いますが、ヒルクライムに限っていえば単純に細くて軽い方が良いんじゃないかという思いがありました。それが、実際走ってみるともっさりした感じはまるでなし。というかPro USTでも十分に軽量な部類ですしね。


当然、登り以外の印象も抜群に良かったです。別に数値的に速く走れるようになったというわけではないのですが、感覚的な部分で良い。走っているときの加速感やコーナリング感が実に滑らかというか。これがチューブが入っていないタイヤのなせる技なのでしょうか。このスルスル進む感覚、うまく表現できないですが、実に気持ちがいいのです。

72150027

 

ちなみに僕は機材に意識高いサイクリストではないので、SLRにはブチルチューブを使用しています。これをラテックスチューブに変えるなどすれば、SLRももうちょっと良くなるのでしょうか。

当たり前だけどブレーキングはSLRの方が良いです。エグザリットの制動力は、さすがに良いので。まあそのうちエグザリットのUSTモデルも発売されるのでしょう。でも普通のブレーキ面でもまったく問題ないように思えました。

リアホイールのフリーは新型のインスタントドライブ360でしたっけ。そのちょっと独特な回転音も、最初手に持って回したときは「うるさいかも…」とびびったのですが、でも実際走行してみるとそんなに気にならなかったです。

72150006b


いやあ本当に楽しいホイールです。僕にとってはほとんど非の打ち所がないくらいフィールに合う。下位モデルのキシリウム エリートUSTとも迷ったのですが、たぶんProにして正解でした。などと、僕にとっては大のお気に入りホイールになりましたが、繰り返しますが、これはたかちゃんのホイール。

以前たかちゃん用には某メーカーの軽量ホイールを(安いからって)買ってみたのですが、結局あまりいいホイールに思えなかったんですよね。しっくりこないホイールを使わせるのも悪いので、こちらに交換してみたわけです。たかちゃんも「このホイールはいいね」「進む気がする」などと、違いが分かった風なことをいっていました。よかった!

たかちゃんが乗らないときはこっそり僕のバイクに装着させておくつもり。でもスポークが1本だけ黄色くて目立つので、すぐバレる!

72150017