読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAGIBLOG

自転車とお菓子作り

いつだって今が

土曜日。朝は6時前に目が覚めて、そんなに体は重くない。外に実走に行くかローラーやるかこのまま寝ているか、ふとんのなかでごろごろしながら考えて、いっちょ走りにいってみっか、と支度を始める。外はちょっと肌寒い気温でしたね。まあ走るのには適しているともいえる。あまり力まず淡々と西蔵王を登って蔵王温泉まで。

冬用グローブで来たので帰りのダウンヒルもそんなに寒く感じず良かった。と思いきや、もうすぐ下り切るところでポツポツと雨が落ちてきて、けっこう濡れてしまった。

image

暖かいシャワーで解凍して、ちょっと用事で悠創館へ。悠創の丘から久しぶりに芸工大まで歩いて行ってみる。知らない建物が増えてるなあという印象。学食なんかも変わったみたい。学食のテーブルで持ち帰った仕事を少しやって、また悠創館へ戻る。お昼は西蔵王のそば屋さん、大山桜へ。こちらは初めてのそば屋でした。

家の前の公園の桜は満開。芸工大裏とかの桜も満開は過ぎたようなのだが、家の前の桜は遅いのかな。天気も良くなり、洗濯やふとん干しなど。ふとんはそんなに熱心に干す方ではなかったのだけれど、最近はマイブームで頻繁に干したい気分。その方が気持ちがいい。

夜は餃子を包んで、水餃子と焼き餃子。餃子も冷や奴もこの前のうどん屋の影響で柚子胡椒で食べる。おいしくいただきました。

image

image


日曜日も蔵王温泉まで走ってきました。朝はのんびりしてから9時過ぎ頃から出かける。本日は日が出ていて多少は暖か。

戻ってお昼は家でうどん。食後に散歩がてらカフェに出かけてスイーツ活動。じゃがいものパフェとさつま芋のなんとかケーキをシェアしました。

image

image

 

午後から夜にかけては『四畳半神話体系』を見るなど。京都の大学生が主人公。入学当初に「このサークルに入ればバラ色のキャンパスライフが待っている(はずなのだが)」という並行世界が1話ごとに繰り返される。 

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

 

 

なんというか、昨日大学に寄ったときもふとそんな気配がしてあまり考えないようにしていたのだけど、このアニメを見てもやはり私自身の冴えない学生生活を思い出すのである。しかし時計の針が巻き戻ったってまた同じような結果が待ち受けているのだろう。それを運命という人もいるだろう。「あのとき別の道を選んでいれば…」という後悔はなくはないが、別にやり直さなくてもいいかなと思う。たぶんいつだって今が最良の時間なのだ。そう思うのでありました。

image