読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAGIBLOG

自転車とお菓子作り

4月某日

最近になって社内の体制も変わったこともあって、仕事のほうが微妙に忙しくなりつつあり、これまでは平日でもジムに行っていたのが、このところは全く行けていない。五月の蔵王ヒルクライム大会が迫っている。本番が近づくにつれ練習不足になっていく、なんてことにならないといいのだが…。

さて先日の4月某日はぼくの誕生日で、その日は土曜日だけど出社日だった。仕事量は変わらずあるけれども、平日の殺伐かつ陰鬱とした空気に比べれば、休みを前に控えたその日は、春の陽気と相まっていくらか穏やかなものだった。雰囲気がそんなものだから、ここぞとばかりに無理やり仕事を切り上げて定時に帰る。解放感から気も大きくなり、今日はおいしいものでも食べに行こうかと思い立ち、帰り道の途中でプチノエルに電話して9時に予約。

家に帰るとすぐ、鞄を着替えとランニングシューズに持ち替えてジムに向かった。エアロバイクを、軽めから始めてだんだんワット数を上げていく感じで、計30分。さっとお風呂に入って着替えた。9時とは言ったけど遅い時間で迷惑かもなあと思えてきたので、少し早めに着くよう自転車を思いきり飛ばした。

料理はどれもおいしくて鮮明に思い出せる。前菜がモチカツオのカルパッチョで、二皿目がエスカルゴのなんとかで、次にカボチャのスープが出た。メインはアイナメと牡蠣とたけのこのなんとかソースだった。ああおいしかった、最後のデザートは何かな、と待っていたら料理がもう一皿出てきて驚いてしまった。なんとメインもメイン、蝦夷鹿のソテー。ほんとうにすみません、ありがとうございます、と恐縮してしまう。デザートはこってりしたものかさっぱりしたものかと聞かれ、さすがにお腹もいっぱいです、さっぱりしたものを、で、マンゴーのシャーベットと柑橘の果物などを。うれしく、すばらしく堪能しました。

本当にいいお店で何度も通いたいと思っていたのに、来るのがご無沙汰になっていた。にもかかわらず、こんなにサービスしてもらえていいのかしら。べつに誕生日だったから、というわけもない。そんなことを言うのも恥ずかしいので黙っていたのだ。でも本当に祝福すべき良い一日となりました。