HAGIBLOG

自転車とお菓子作り

Mavic キシリウム プロ UST

f:id:hggggg:20181123124716j:plain

この春から導入したMavic Ksyrium Pro UST。まだあまり乗っていませんが、とてもいいホイールでした。このブログにもちょいちょい検索で流れてくる人もいるようですので、ちょいと感想をまとめてみましょう。(でも大した情報もなくてすみません)

 

チューブレスタイヤは初めてでした。転がり抵抗が低いとか乗り心地が良いとかいいますし、MavicのUSTについてはけっこう評判も良さそうだし、ああこれは乗ってみたいなあ、と。たかちゃん用に、という名目ではあるけれども結局自分が欲しくて買ってしまったようなもの。

Mavicの場合は最初からタイヤがはまっているので、その脱着の容易さなんかはまだ試せていませんが、きっと言うように簡単にはめられるのでしょう。準備としては、メーカー推奨に従いシーラント液を前後に30mlずつ入れていきます。エア漏れ防止とパンク予防のためです。面倒といえば面倒ですが、とりあえず一回入れてしまえばいいわけです。

f:id:hggggg:20181123124720j:plain


さて、そのインプレはというと…。感じ方には個人差があります、とお決まりの前置きをしておきますが、端的にいって最高でした!

比較はキシリウムSLR。2015年モデルですがアルミクリンチャーではキシリウムの最高峰とでもいうべきホイールです。なのでキシリウムProといっても、正直そこまで良く感じないかもなぁ、と思っていました。ところが。意外というべきか最新ホイールだから当然というべきか、どちらかというと印象はキシリウムPro USTの方が良いかもしれません。

登坂性能はほとんど互角に感じました。
SLRはナローリムでタイヤは23C、一方Pro USTはワイドリムでタイヤは25Cでの使用。重量はSLRの方が若干軽い。転がり抵抗がどうのとは言いますが、ヒルクライムに限っていえば単純に細くて軽い方が良いんじゃないかという思いがありました。それが、実際走ってみるともっさりした感じはまるでなし。というかPro USTでも十分に軽量な部類ですしね。


当然、登り以外の印象も抜群に良かったです。別に数値的に速く走れるようになったというわけではないのですが、感覚的な部分で良い。走っているときの加速感やコーナリング感が実に滑らかというか。これがチューブが入っていないタイヤのなせる技なのでしょうか。このスルスル進む感覚、うまく表現できないですが、実に気持ちがいいのです。

f:id:hggggg:20181123124547j:plain

 

ちなみに僕は機材に意識高いサイクリストではないので、SLRにはブチルチューブを使用しています。これをラテックスチューブに変えるなどすれば、SLRももうちょっと良くなるのでしょうか。

当たり前だけどブレーキングはSLRの方が良いです。エグザリットの制動力は、さすがに良いので。まあそのうちエグザリットのUSTモデルも発売されるのでしょう。でも普通のブレーキ面でもまったく問題ないように思えました。

リアホイールのフリーは新型のインスタントドライブ360でしたっけ。そのちょっと独特な回転音も、最初手に持って回したときは「うるさいかも…」とびびったのですが、でも実際走行してみるとそんなに気にならなかったです。

f:id:hggggg:20181123124638j:plain


いやあ本当に楽しいホイールです。僕にとってはほとんど非の打ち所がないくらいフィールに合う。下位モデルのキシリウム エリートUSTとも迷ったのですが、たぶんProにして正解でした。などと、僕にとっては大のお気に入りホイールになりましたが、繰り返しますが、これはたかちゃんのホイール。

以前たかちゃん用には某メーカーの軽量ホイールを(安いからって)買ってみたのですが、結局あまりいいホイールに思えなかったんですよね。しっくりこないホイールを使わせるのも悪いので、こちらに交換してみたわけです。たかちゃんも「このホイールはいいね」「進む気がする」などと、違いが分かった風なことをいっていました。よかった!

たかちゃんが乗らないときはこっそり僕のバイクに装着させておくつもり。でもスポークが1本だけ黄色くて目立つので、すぐバレる!

f:id:hggggg:20181123124542j:plain

お花見とカメラ

f:id:hggggg:20181123125352j:plain

土曜日のライド。コーヒーを飲んでから出撃。ぐるっと馬見ヶ崎川の桜の下を通って西蔵王へ。今日は気温が低いな。いつものように蔵王温泉まで往復、それから気分を十分にリフレッシュするためにもう少し乗りたかったので西蔵王をもう一回登って帰る。寒かったのでボトルの水は一口飲んだだけだった。

 

桜は今日が一番の見頃かと思ったので、散歩がてら馬見ヶ崎川の方に行ってみる。

f:id:hggggg:20180414115511j:plain

カメラは趣味で使っているNikonフィルムカメラだけじゃなくて予備でD3も持っていった。クソ重い予備カメラ。

D3はクソ重いけど一番良く撮れるし、それじゃなくてなんでフィルムで撮っているのか、とか考えだすとめんどくさい。めんどくさいのでその辺は何も考えず、現像してデータ化するのをルーチンとして同じカメラ店に出していたのだが、どうやらそちらの店主が入院してしまったようなのだ。

そこで違うお店に現像に出したら、スキャンの失敗で白い帯状のものが写り込んでいた。それはまあ、たまたまだろうし面白いからいいのだけど、全体的な色味が好みでないので、次は別の店かなぁ。こうやってまたルーチンを組み立てるが実に億劫なのである。

そんなこんなで結局デジタルが簡単だよなとの考えが頭をよぎったのが、今回クソ重いD3を持ち出させた理由。

f:id:hggggg:20181123125215j:plain

 

お昼はモスバーガー。これはiPhoneカメラ。もうこれだけでもいいね。

f:id:hggggg:20180414135942j:plain

本日夜は奥さんの実家へ。

パリ〜ルーベ

今週はなかなか神経をすり減らす仕事もあり、疲れた。僕は人間が出来ていないので疲れやストレスが溜まるとついイライラと不機嫌になってしまうのだけど、こういうのは本当に良くないですね。一人ならまだいいけど、一緒に過ごす人がいると。相手にとってはそんなのただ迷惑なだけですからね。もうすぐ一年になるけど結婚して一緒に暮らす人もいるわけなので、あんまり迷惑をかけないようにしないとなぁと今更だけど思いました。

とにかく仕事の仕方には気をつけたほうがいいですね。仕事の疲れというのは本当に体に悪い。トレーニングの疲れとはまるで別物。

 

f:id:hggggg:20181123125553j:plain


今週はJスポーツオンデマンドでパリ〜ルーベを観戦。毎日疲れてすぐ眠くなったので、1日ちょっと見ては寝てしまうの繰り返し。月曜から見始めて金曜までかかって最後まで見終わった。

面白かった。石畳があると通常のロードレースとはちょっと違った性格のレースになるんですね。ボトルもポンポン飛ぶし。

写真は芸工大裏から悠創の丘に登るところの石畳。


下は、いよいよ咲き始めた桜。毎日の通勤路である馬見ヶ崎川沿いもライトアップ。それを見に来ようとする車で渋滞になってて大変だ。

それと馬見ヶ崎川のカフェ、エスプレッソに釣り下がっていた何か。

f:id:hggggg:20181123125623j:plain f:id:hggggg:20181123125545j:plain

恋は雨上がりのように

f:id:hggggg:20181123132543j:plain

4月7日土曜日。天気がよろしくないのでZwiftレース。レースというか着を競うところにいないので実質グループライド。まあそれでも追い込んでローラー回せるので良いトレーニングになってる。

4月8日日曜日。一度目が覚めた後に、もう少し寝ていようと思って二度寝。7時50分にまた起きて8時5分からのZwiftグループライドに参加。90分。

今日も寒くて、さらには雪も降っていた。
お昼は材木亭で酢豚定食。たかちゃんは肉豆腐定食を頼んだら、肉豆腐って麻婆豆腐のことだった。

f:id:hggggg:20181123132433j:plain




Amazonプライムで『恋は雨上がりのように』を見ました。女子高生がバイト先のファミレスの店長に思いを寄せるという話で、作者も中年男性かと思ったら女性だった。ケガで陸上をやめてしまった女子高生の思いと、店長は店長で小説家になろうとしてなれなかった経歴があり、夢を掴みきれず諦めきれずといった宙ぶらりんな感覚など、なかなか切なく描き出されており良い作品でした。

 

水切りヨーグルトのチーズケーキ

DSC_2276

100gほど余っていたクリームチーズでチーズケーキを焼いた。クリームチーズの量が少ないのでヨーグルト1パックを水切りして加えた。クリームチーズよりヨーグルトが多いくらいの配合なのでさっぱりした味わい。最初の一口食べたときにあまりの薄味で失敗かと思った。二口三口と食べ進めると遅れて味がやってくる。まあ、これはこれで。


今週見た映画。

 事故現場のニュース映像を撮ってテレビ局に売る。手段を選ばずショッキングな映像をかき集めて成り上がるという話。そういうテイストの映画なのだろうけどこの主人公が非常にゲスくて最悪。最初の方でラファのジャージを着たおっさんのロードバイクを盗んで転売するあたりで胸クソ悪くてクソ映画に認定。(私もラファおじさんなので。じゃなくてそれ以前に自転車盗むのがクソ)

 

とある島でボーイスカウトとしてキャンプしている少年サム。一年前に出会った少女スージー。お互い周囲に馴染めないところのある二人が駆け落ちするというもの。後半は集中力が切れて流し見になってしまった。


今週一週間は寒かったような。朝の自転車活は水曜日には西蔵王。金曜日にローラー30分。低調な感じだけどまた取り戻せるでしょう。桜はもうすぐ。

f:id:hggggg:20180404065311j:plain

みはらしの丘のTea Room Lotus

f:id:hggggg:20181123133724j:plain

4月1日日曜日。とうとう4月です。

家から3分かからず西蔵王の登り口にたどり着いてしまうという、ヒルクライム練にうってつけの環境といえばそうなのですが、近すぎるゆえにアップどうする問題があります。結局いつもアップなしでいきなり登り始めていますが、これがトレーニング的に良いのかどうか分かりません。最初の西蔵王一本はアップにあてて、西蔵王〜蔵王温泉を強度を上げて、というようにメリハリをつけたほうがいい気もします。

今日は若干そんなイメージで走ってみました。まあでもあまり変わらなかったかも。蔵王温泉の少し先の蔵王アストリアホテルまで。キシリウムプロUSTは本当に良い感じ。たしかキシリウムSLRの方が少し軽いけど、登坂能力は互角という気がする。

帰って食パントーストとバナナジュースなどで朝食。

 

f:id:hggggg:20181123133635j:plain


今日はたかちゃんとサイクリング行こうと話してました。たかちゃんは今年1回目のサイクリング。なので出発前にアレもないコレもない大会が行われて、出かけるのがすっかり遅くなってしまう。

おまけにお気に入りのキシリウムプロUSTはたかちゃんに取られてしまった! うそです、もともとたかちゃんのスプロケットを装着させていたのです。前のホイールがどうもしっくりこなかったので、これを使うといいかなと。半分は僕もチューブレスを試してみたいというがあったわけですが。


でもたかちゃんも「ホイール違うね」「進むね」と言っていたので驚きました。いやほんと、マヴィックのチューブレス、これは良いのかもしれません。


今日の目的地はサイクリングの定番の一つ、みはらしの丘のニュアージュマフィン。ところが、到着したらお店の前に張り紙が。遅くなったので今日はもう売り切れか、と思ったら移転のお知らせでした。しかし困ったぞ。

そう思いきや、すぐ近くにカフェのようなものがあったのでそちらに入ってみる。しかしお店の人はちょっと自転車の格好を気にされていたご様子。たしかにレーパンで入るにはちょっとおしゃれすぎる雰囲気ではあります。たまたま他にお客さんもいなかったので快く入れてもらえました。まあロードバイクの皆さんは空気を読んで、スイーツライドで使うのは避けた方が無難でしょう。

f:id:hggggg:20181123133843j:plain

種類豊富な紅茶がありました。ケーキはレモンのタルトといちごのチーズケーキ。紅茶は何を頼んだのかもう忘れたけどとても美味しかったです。早めに退店したほうがいいかと思ったけどお客さんが来なかったのでつい長居してしまいました。

f:id:hggggg:20181123133415j:plain

 

帰りにどこから来たのですかと聞かれて、自分の住んでいる地名が全く出てこなくて、先日『アリスのままで』を見たばかりでちょっと不安になるなど。

アリスのままで

f:id:hggggg:20180331063425j:plain

外で自転車に乗っていれば気分が晴れ晴れとするはず。そんなイメージがあるため、朝のトレーニングも外に走りに行きたいと思っているのだけど、今週は毎日毎日ちっとも早く起きることができなかった。このところ仕事もまあまあ集中してこなす必要があり、日々の疲れも抜けないばかりか溜まっていく一方。おまけに今週は土曜日も出勤日だったため、一週間がずいぶん長かったこと。ぐったりである。

ただまあ今日も同じように早起きはできなかったけれど、少しだけでいいからと自らを鼓舞して外に自転車を持ち出した。あまり苦しまない程度のペースで西蔵王まで一往復。今朝は最近のなかでは寒かったようで登り口の温度表示はマイナス2℃だった。実際寒くて、帰りはだいぶ凍えてしまった。それでも外に走りに出て、走らなければ良かったと心の底から思ったことは一度だってない。たぶん。

 

今週(数日に分けて)見た映画。

アリスのままで(字幕版)
 

若年性アルツハイマーを発症した言語学者アリスが次第に記憶を失っていく過程を描いた映画で、これまた心が締め付けられるものだった。